Do It

久々にサンプリングネタについて書いてみる。

Glenn Undergroundと言えば今は生音をメインとした音作りをやっている人だけれども、90年代初期はシカゴハウスマナーに基づいた割とモロなネタ使いの方が多かった。

マイクラシックなディスコハウス。youtubeはUMMの盤なのだけど、forceincUSからも出てた。(どっちが先か失念)ずっと何だろうと思ってたのがPatrick Adamsのベスト盤聴いていて分かりました。


かなり原曲モロ使いだった、というよりも感覚的にはリエディットとリミックスの間で作っていたかもしれない。

にしてもPatrick Adams & Peter Brownの仕事はどれもこれも素晴らしく、「あーこんな曲で踊れたらポジティブな気持ちになれるな」としみじみ思える曲が多い。彼らの仕事ぶりも含まれるレジェンダリーに語られる70-80sのクラブシーンですが、クラブ、DJ、曲、どれを取っても素晴らしく輝いていたからこそ成り立っていたんだなと実感させられるわけで。そりゃBoogieBackもしてしまうぜ。

Disco Discharge



某中古屋でDiscoDischargeシリーズが売られてたので思わずまとめ買い。

濃厚なディスココンピ。今のところ8枚出てるところの5枚入手。ヨーロッパ産をフォローしているコンピって余り無いと思うので資料としてもサンプルソースとしても使えるなあ。中にはGayDisco編だなんて、わかってらっしゃるw これはコンプしないと。

SecondHand Sureshots

SecondHand SureshotsのDVD、買って置きながら中々観る時間が取れなかったけど、昨日ようやく観ることが出来た。

dublab presents…SECONDHAND SURESHOTS (preview) from dublab on Vimeo.

中古100円レコード五枚からトラックを作る過程を追いかけたドキュメント。

企画の内容、アプローチからしてサンプリング・ミュージックの面白さを再確認できるけれども、出演しているNobody、Daedelus、J.Rocc、Ras Gの四者四様のレコードの掘り方、スタジオ環境、制作の様子など追いかけるだけでも十分面白い。サンフランシスコの空気が感じられるような気がする。Ras-Gのスタジオで、タンテのEPアダプタ入れるところをハッパの灰皿入れにしてるところなんて、もうw 自由な空気の中dopeな音楽を産出している環境は、(問題を孕んでいるところあるのだろうけど)心底羨ましい。この狭く苦しい日本の環境を飛び出したくなるなあ。改めて自分を取り巻く環境について少し考えさせられた。

音楽作ってる人もそうでない人も是非観てみてください。輸入盤でも日本字幕ついてるっぽいです(未確認ですが)。

Description of a Fool

映画サイタマノラッパーを見たのと、ネタ本を手に入れたのと、Waxpoeticsの最新号のJ.Dillaの記事を読んだのが重なって(BombSquadの記事も最高だったのだけど)、またHIPHOP熱…というよりネタDIG熱がかなり熱くなってます。音楽はとてつもなく深い世界であることを改めて知る。70年代からの遺産を追いかけているだけでもう十分。いやあちょっと知った気になっていたけれども猛省。もう20年近く音楽聴いてますが、何も分かっていませんでした。スイマセン。

そんな感じで気持ちを改めまして、J.Dillaから遡ってATCQをちゃんと聴き直してみようと(今までは教科書的な聴き方しかしてなかった)、初期作を引っ張り出して聴いてます。

デビューシングルの「Description of a Fool」


初期は結構ポップさがある。ネタは言わずもがなのRoyAyers「RunningAway」ですが



どっちかというとガラージクラシックで有名なこの曲を使ってのは今となってはちょっと意外ですが本当にカッコいい。このベースラインは無敵だなあ。このベースのループだけで延々と踊れる。


ビートは


イントロのドラムロールはslyっぽい。


アッパーな楽曲もBPMをグッと押さえることでムーディさが引き出されてるのか。あとはサンプラーのレートの荒さもあるかな。S950かSP-1200か?

ネタがネタだけに4つ打ちテイストがあって、この方法論はハウスにも使えそうなののでネタの組み合わせ方など参考にする。

それにしてもHipHopは奥が深い。自分の知識不足もあるけれども、ネタを追いかけたり、プロダクションの秘密を探ったりするのは楽しい。J.Dillaにしてもサンプラーとレコードからあんなにソウルフルな音が生まれてくるとは、改めて驚いています。ちょっとテクノから離れてみるもの面白そうだ。