Oh! Mountainについて語る 3

Oh! Mountainについて語る 3前回の続きです。

さて大山がどんなパーティかと説明しようとしても言葉では伝えきれないので、いくつか写真があったのアップしてみました。



たまに「Facebook見たら近所だったから来てみた!」という初見さんやら、謎の外人軍団やら(下北に観光に来たとか!?)がいらしたり、ARENAのグリル借りてBBQやって盛り上がったり、毎回和気藹々やらせていただいております。

2015/02/22 vol.1
ryu
Yuta Suzuki

2015/05/02 vol.2
Yoshihiro Hayashi
キドゲンキ

2015/08/08 vol.3
Naoto Ozawa (not6)
RITE

2015/11/14 vol.4
ゲスト無し(サポートにYuta Suzuki)

2016/02/13 vol.5
ryu
ANiIIIIiiiKii


ゲスト枠はあまり自分たちで綿密に考えなく、飲み会へのお誘いノリでやってます(汗)。ryuさんとYuta Suzukiが二回出てるのは、僕とは旧知の仲でお願いしやすいからだし、あとはANNOさん繋がりとか。Ozawaくんは7-8年ぶりくらいの再会?ひょんなことから連絡とれて、お願いしたらやってくれました(not6はいつかライブ呼びたいなー)。前回の大山、産後のANiIIIIiiiKii呼べたのも楽しかったなあ。飲み会ノリにも関わらず皆さんしっかりプレイしてくれるので、本当に足向けて寝れないです・・・ありがとうございます。この一年のお呼びしたゲスト陣は、わりと今でも仲の良いオトモダチが多かったので、今後はもっと音楽的な幅を持たせつつ広げていきたいですね。

とまあ大山についてざっくり書いてみました。本来なら別にテキストでこんなエモいこと書く必要はないのだろうけど、やっていくうちにモチベーションが高まってきて、DJ陣もスキルアップしてきていて、Oh!Mountainという空間は知らない人が来ても楽しめる空間になりつつある。何か大きいところを目指すわけではないですが、今の流れをキープさせてこの「遊び場」を作っていきたいなと心底思っています。クラブがクローズしていったり昨今の現実、40になって時間もあまりないし、そもそも遊びにいく機会がなくなったりしているところで、リラックスして楽しめる「遊び場」が身近にあると絶対に人生が楽しくなる。家族連れて野外フェスで楽しむのも、それはそれで楽しいけれど、もっと気楽に足が運べる身近なところで良いヴァイブがある音楽が鳴っていて欲しいなと。その心地良さ、楽しさが他の誰かに伝わったら尚良し、そう考えています。



MisterSaturdayNightの映像見てると、老若男女が気ままに楽しんでいて、本当に憧れます。こういうパーティが、自分たちの身近に、行きやすい感じであったら本当に楽しいだろうなと。流石にこのレベルのヴァイヴを生み出せるマインドは足らないかもしれないし、音楽的な掘り下げ&冒険も必要だろう。そうは簡単にこのレベルにはなれないでしょうが、極力近くまで寄っていけたら、自分たちの人生にも潤いが出てくるんじゃないかな。Music is the key of life. もっと自由に楽しめるように。


というわけでOh!Mountain今後共宜しくお願いします! 次回は5月21日です!


投稿者: d0d1e

90年代の亡霊にとりつかれたままのアラフォーテクノヘッズ。ダンス・ミュージック/プロレス/アウトドアetc