– Art of Djing – DJ考2

– Art of Djing – DJ考2その2です。

もともとこの記事を書こうと思ったのはRAのこの記事が興味深く、我々はDJという行為に対してもっと思慮深くならなければ、という意識が高まったことがきっかけ。特にVeraのミキシングテクニックについての下りは、手癖でミックスしてた自分のテクニックを改めて再考させてくれた。

どうにも1時間セットでプレイしていると曲の入れ方に性急感が出てしまう。90’sのテクノは1分間に1曲しか使わないようなショートテクニックを多様することが多かった。持ち時間が1時間と少しの中で、しかもたまにしかやらないものだから、曲を詰め込め過ぎて、曲のGrooveをやら切替のタイミングを見失うことも多かった。かけたい曲を詰めこむのではなく、Grooveをキープさせつつ、変化するフロアに適正させていくか。家で一人黙々と練習しているだけでは、その感覚は掴めないのでコンスタントにDJやっていきたいのだが・・・誰か呼んでください(泣)

で、前回に続いてプレイ動画を見ながらあれこれ語ってみます。今回はperlonのドン、Zipです。



14年くらいのフェスでのプレイ動画ですが、お客さんもえらく盛り上がってますけど、この時のZIPの選曲は本当にオブキュアで唯一無二。ここの動画で最初にかかってるのがafrican dreamのall in the same familyという曲なんですが、これは94年にWorkというディスコハウス系のレーベルから出てたものなんですよね。いやあ、こんなのどこから引っ張ってくるんだ・・・digり方が半端ない。

ちなみにこの動画中の選曲は

00:00 – 04:40 African Dream – All The Same Family
04:40 – 08:30 Ron Trent – Smiley
08:30 – 12:10 Gemini – Rapid Eye Movement
12:10 – 14:57 Mr James Barth – Holliday 

となってます。 Mr.James Barthって、昔なら300円レコードの定番ですよ。ヒット曲並べておけばイイってものでもない。Zipの場合はむしろこういう選曲が求められていて、やってる本人も毎回同じようなセットにしないだろうし。こういう選曲スタイルDJを向こうではVinyl Diggerと呼ばれてるらしいです。もう誰も耳を傾けない12インチを新たに解釈してフレッシュな感覚でかける、目新らしさだけを求めるのではなく、昔のトラックの音のコンテキストをどこまで解釈して、今に引き戻せるか、良い耳を持つこともDJにはマストなんだと思います。

トータル的に見れば、選曲、かけ方、鳴らし方。全てがバランスよく、そしてユニークでフレッシュであることがDJの資質で求められてますね。俺にはあるのだろうか・・・。


投稿者: d0d1e

90年代の亡霊にとりつかれたままのアラフォーテクノヘッズ。ダンス・ミュージック/プロレス/アウトドアetc